【楽天モバイルMNP】楽天モバイルへMNPを使った申し込み方法のご紹介!

【楽天モバイルMNP】楽天モバイルへMNPを使った申し込み方法のご紹介!

 

 

楽天モバイルではMNPの即日利用が可能となっています。

 

楽天モバイルでは不通期間の無い即日MNPが2016年5月より利用できるようになりました。

 

楽天モバイルではMNP専用の開通センターに電話をすることにより
ガイダンスに従って簡単にMNP回線切り替えの申し込みができます。

 

 

今更ですがMNPとは番号ポータビリティ制度とよばれる
キャリアが異なる場合の申し込みでも電話番号がそのまま利用できる仕組みとなっています。

 

楽天モバイルではdocomoブランドの端末なら
iPhoneやandroid端末がSIMを入れ替えるだけですぐに利用できます。

 

 

楽天モバイルはMNPが電話で即日利用が可能な点、
docomoブランドの端末ならSIMを差し替えてすぐに利用できる点が
楽天モバイルへMNP転入する最大のメリットとなっています。

 

楽天モバイルの通信速度はとても優秀
30Mbpsや40Mbps、場合によっては100Mbpsを超える通信速度が実測で計測されています。

 

 

2017年3月より楽天モバイルのデメリットであった
3日間のデータ通信上限も廃止されその使いやすさは飛躍的に向上しています。

 

 

楽天モバイルでは3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプラン、
そして20GBプラン、30GBプランの大容量プランまで
利用者のニーズに合わせた料金プランが選択できます。

 

楽天モバイルへMNPを利用される予定の方
画像付きでMNP時の申し込み方法と回線切り替え手続きを
ご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

楽天モバイルのデメリットと解決方法をご紹介!【楽天モバイルのデメリットと解決方法をご紹介!】

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへもどる

楽天モバイルMNP利用時に必要なもの

 

楽天モバイルMNP利用時に必要なもの

 

 

docomoやau、ソフトバンクなどの大手キャリアはもちろん
楽天モバイル以外の格安SIMキャリアから楽天モバイルへMNP
転入する事が可能となっています。

 

そんな他社キャリアから楽天モバイルへMNP転入する場合
必要となるものは4つとなります。

 

MNP予約番号
本人確認書類
本人名義のクレジットカード/デビットカード/銀行口座/
楽天会員ID

 

 

MNP利用時に一番重要となるのがMNP予約番号となります。
MNP予約番号は転出元のキャリアから発行してもらう必要があり
転出元のキャリアのマイページや電話で発行する事が可能となります。

 

またMNPでの申し込み時にMNP予約番号と有効期限が必要となるので
しっかりとメモしておきましょう。

 

楽天モバイルのMNP利用はMNP予約番号の有効期限が
10日間以上残っている事が条件となっています。

 

MNP予約番号の有効期限が15日となっているのでMNP予約番号が発行されたら
できるだけ早く楽天モバイルへ申し込みを行ってくださいね。

 

 

主要キャリアMNP予約番号受付先

 

■ ドコモ
携帯電話 151 iモード i-menu → お客様サポート → お申込・お手続き → 各種お申込・お手続き
一般電話 0120-800-000
PCサイト My DoCoMo → ログイン → ドコモオンライン手続き → 携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)
受付時間 9:00〜20:00 受付時間 24時間 ※システムメンテナンス時間などは除く

 

webから発行
i-menu → お客様サポート → お申込・お手続き → 各種お申込・お手続き
PCサイト My DoCoMo → ログイン → ドコモオンライン手続き → 携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)
受付時間 24時間 ※システムメンテナンス時間などは除く

 

 

■ au
携帯電話一般電話共通 0077-75470
受付時間 9:00〜20:00

 

webから発行
EZweb TOP → auお客さまサポート → 申し込む/変更する → au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
受付時間 9:00〜21:30

 

■ ソフトバンク
携帯電話 *5533
一般電話 0800-100-5533
受付時間 9:00〜20:00

 

webから発行
my SoftBank → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き
受付時間 9:00〜21:30

 

 

続いて用意して頂きたいのは本人確認書類となります。
本人確認書類は免許証などは一般的ですが
楽天モバイルは10種類以上の本人確認書類が利用できます。

 

本人確認書類は申し込み時に画像データアップロードして提出します。
画像データはスマホカメラでの撮影でもOKなので
申し込み前に本人確認書類を撮影しておきましょう。

 

楽天モバイルで利用できる本人確認書類は以下のようになります。

 

■ 本人確認書類一覧

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証+補助書類
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード+補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 公共料金領収書
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

※個人番号(マイナンバー)はご契約者本人確認書類として
ご利用いただけません。

 

 

 

楽天モバイルでは申し込み時に
月額料金の支払い方法を登録する必要があります。

 

楽天モバイルで利用できる支払い方法は
本人名義のクレジットカード、デビットカード、口座振替となります。

 

デビットカードは楽天銀行、スルガ銀行が発行する
デビットカードが利用できます。

 

 

口座振替は銀行口座が必要となります。
口座振替が利用できる格安SIMキャリアはとても少ないので
クレジットカードやデビットカードをお持ちでない方でも
楽天モバイルに申し込みが可能となっています。

 

ただ、口座振替利用時は楽天モバイルの最大のメリットである
SIMフリー端末割引キャンペーンに利用する事が出来ません

 

口座振替を利用される予定の方は別途楽天モバイルで利用できる
SIMフリー端末やdocomoブランドの端末をご用意くださいね

 

 

楽天会員IDは楽天モバイルマイページへのログインや
楽天モバイルアプリへのログインに必要となります。

 

楽天会員IDが無くても申し込みができますが
貯まった楽天スーパーポイントの利用などお得に
楽天市場を利用できるので楽天会員IDを取得しておきましょう。

 

楽天モバイルのMNP申し込み時に必要なものは
MNP予約番号、本人確認書類、クレジットカード/デビットカード/銀行口座、
楽天会員IDの4つとなります。

 

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

 

トップへもどる

楽天モバイルMNP利用時にかかる料金は?

 

 

楽天モバイルへMNP転入を利用する場合、
楽天モバイルと転出元のキャリアに支払う料金が発生します。

 

 

楽天モバイルへ支払う料金は事務手数料で3000円
転出元へ支払う料金はMNP転出手数料で2000円から3000円となります。
MNP転出手数料は2000円のキャリアもありますがその他多くのキャリアが3000円で設定しています。

 

 

つまり楽天モバイルへMNPを利用して申し込みをする場合は
事務手数料とMNP転出手数料の合計6480円(税込み)がかかる料金となります。

 

 

事務手数料とMNP転出手数料以外では
2年縛り途中の解約金や端末の残り支払い代金がかかります。

 

 

特に端末をキャリアでサポート付きで購入された方は
1年以内でのMNP転出だと端末代金の残債がとても高額となる場合があるので
必ずキャリアショップで解約時にかかる料金を確認しておきましょう。

 

またMNPで転出する前にお使いのキャリアでポイントが貯まっている場合が多くあります。
MNPで転出する前にスマホケースなどの購入にしっかりとポイントを利用しておきましょう。

 

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

 

 

トップへもどる

楽天モバイルMNP利用時の注意点のご紹介

 

 

他社キャリアから楽天モバイルへMNPで転入する場合の注意点をご紹介します。
今まで書かせて頂いた内容と重複する部分もありますが
確認の意味も込めて繰り返し書かせて頂いています。

 

 

MNP予約番号の有効期限に注意!

 

 

MNP予約番号は発行から15日間の有効期限があります。

 

楽天モバイルではこのMNP予約番号の有効期限が
10日以上残っている事が条件となっています。

 

お使いのキャリアでMNP予約番号を発行したら
すぐに楽天モバイルへお申し込みを行ってくださいね。

 

 

キャリアメールが利用できなくなる!

 

 

MNPを利用して電話番号そのまま楽天モバイルへ変更する場合
以前利用していたキャリアのキャリアメールが利用できなくなります

 

今でLINEなどのメッセージアプリが普及しているので
キャリアメールの重要度はかなり下がっていますが
お使いのキャリアを変更する前にGmailアドレスを取得しておきましょう。

 

Gmailは端末に登録・同期させるだけで
ウェブ上にアドレス帳データが保存できます。

 

新しい端末に変更した場合はGmailアドレスを新端末に登録するだけで
アドレス帳の復元が可能となる便利なフリーメールアドレスです。
格安を利用されている方で一番多いメールサービスとなっています。

 

 

MNP利用かかる手数料に注意!

 

 

楽天モバイルMNP転入する場合SIMの発行事務手数料の3000円と
転出元キャリアに支払うMNP転出料金の3000円、合計6000円が
MNP利用時に必ずかかる料金となります。

 

 

MNPを利用される場合はこの6000円と端末代金や2年縛りの違約金など
MNP利用時にかかる料金をしっかりと理解しておくことがとても重要となります。

 

 

MNP回線切り替え完了時に転出元は自動解約される!

 

楽天モバイルへMNP転入を行った場合、
楽天モバイルで回線切り替え手続きが完了した場合に
転出元のキャリアが自動解約となります。

 

自動解約と転出元のキャリアでかかる月額料金が継続する事はありません。
MNP利用時の転出元キャリアの解約のタイミングを理解しておきましょう。

 

 

楽天モバイルのMNP利用時の注意点は以上となります。

 

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

 

楽天モバイルMNP利用時の申し込み方法【画像付き】

 

 

楽天モバイルへMNPを利用した申し込みを方法を
画像付きでご紹介させて頂きます。

 

また音声通話SIMを利用するMNPの申し込みは
楽天モバイルのSIMフリー端末割引キャンペーンの割引を最大限に受ける事ができます。

 

 

とてもお得な料金で購入できるので
バックアップ用に1台購入しておくことをお勧めします。

 

バックアップ用に1台購入

 

 

楽天モバイルのMNP利用時の申し込みに必要な
MNP予約番号、本人確認書類、クレジットカード、楽天会員ID
用意できたら楽天モバイルの公式ページから申し込みを行いましょう。

 

 

申し込みページはいくつか用意されていますが
今回はページ最初にある「webで今すぐお申込み」から手続きしてみます。

 

webで今すぐお申込み

 

 

 

「webで今すぐお申込み」の次のページで端末セットかSIMのみを選択します。

 

端末セットかSIMのみ

 

 

MNPを利用される場合はお手持ちの端末を利用される場合でも
1台SIMフリー端末を購入しておくと便利に利用できます。

 

 

おすすめは2000円程度で購入できるZenfoneGO、
おサイフケータイ搭載のarrowsM02となります。

 

arrowsM02

 

 

SIMフリー端末の購入が必要でない方はSIMのみの申し込みを選択します。
MNPの利用なので通話SIMを選択します。

 

mineoのお得な申し込みはこちら

 

 

続いて月に利用するデータ通信量を選択します。
データ通信量は申し込み後でもマイページから無料で変更可能となっています。
3.1GBから30GBまで幅広いデータ通信量が用意されています。

 

利用するデータ通信量を選択

 

 

SIMサイズを選択します。
SIMサイズの選択は利用する端末にあったSIMを選びましょう。
端末セットの場合は自動で利用できるSIMサイズが選択されます。
お手持ちのiPhoneを利用される方はnanoSIMを選択しましょう。

 

mineoのお得な申し込みはこちら

 

 

オプションの選択画面です。
ほとんどの有料オプションは楽天モバイル加入後にも
利用可能となっていますが端末保証は申し込み時のみ
加入できるオプションサービスとなっています。

 

端末保証は申し込み時

 

 

オプション選択後は端末アクセサリーが購入できます。
いがいと掘り出し物も多いのでアマゾンと比較して購入するのも良いと思いますよ。

 

端末アクセサリーが購入

 

 

お客様情報の入力です。
楽天会員IDがあると少しだけ入力が楽になります。

 

楽天会員ID

 

 

お客様情報入力後、やっとMNP情報入力画面となります。

 

MNP情報入力画面

 

 

重要なのは「今、お使いの電話番号を引き継ぐ」と
自宅から楽天モバイル開通センターに電話して開通する」に
チェックを入れる事です。

 

自宅からの開通センターに電話にチェックを入れないと
即日MNPの利用が出来なくなるので必ずチェックを入れましょう。

 

チェックを入れたらMNP対象の電話番号と、MNP予約番号
MNP予約番号の有効期限に該当する日付を入力します。

 

申し込み時にMNPに関する情報を入力するのはこの項目のみとなります。

 

 

また同じページから楽天モバイルのかけ放題オプションの選択が可能です。
無料通話のつかない半額通話サービスである楽天でんわのみのお申し込みも可能となっています。

 

かけ放題オプションの選択

 

楽天でんわは通話をあまり行わない方でもお得となるので
必ず加入しておきましょう。

 

 

続いて契約情報を入力します。

 

クレジットカード/口座振替の選択や
お申し込み時にかかる料金について楽天ポイントの利用などが選択できます。

 

クレジットカード/口座振替

 

クレジットカード

 

 

チェック項目がたくさんあるので漏らさず入力していきましょう。
ページ最後まで入力できたらニュース配信の有無を選択後
本人確認書類のアップロードとなります。

 

ニュース配信の有無

 

 

専用のアップロードページからスマホ撮影した
本人確認書類をアップロードしましょう。

 

アップロードページのURLは申し込みページで登録したメールアドレスに送信されてきます。
メール内容はURLとログイン用IDとなります。

 

パスワードはご自身の誕生日となります。
例 2017年01月01日→20170101

 

本人確認書類の提出が終われば申し込みのお手続きは完了となります。
MNP切り替えのお手続きはSIMカードが到着してからの作業となります。

 

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

 

トップへもどる

SIMカード到着後のMNP回線切り替え方法

 

SIMカード到着後のMNP回線切り替え方法

 

楽天モバイルの公式ページより申し込み手続き完了後
2営業日ほどでSIMカードが到着します。

 

 

基本は2営業日から3営業日となっていますが
混雑状況によっては1週間程度かかる場合もあります。

 

SIMカードが楽天モバイルより到着したら
楽天モバイルのMNP開通センターへ電話を掛けて
MNP回線切り替え手続きを行います。

 

開通センターへの通話は無料となっており24時間受付となっています。

 

楽天モバイル開通受付センター : 0800-805-1111
※通話料無料

 

楽天モバイルの開通センターに連絡後、順番に開通作業が行われます。
開通作業に入ると1時間程度、不通となる時間帯が発生します。

 

1時間程度で切り替え作業は完了するので
即日でのMNP利用が可能となります。

 

また開通作業が行われる時間帯は申し込み順となっており
どのタイミングで開通作業が行われるか不明となっています。

 

開通作業申し込み後、どこかのタイミングで
1時間程度の不通時間が発生すると覚えておいてください。

 

不通期間が発生するタイミングは下記のようになります。

 

  • 午前8:59までに開通受付が完了した場合、当日の9:00〜21:00に切替が完了します
  • 午前9:00以降に開通受付が完了した場合、翌日の21:00までに切替が完了します

 

回線切り替え時は利用している端末が圏外となるので
そのタイミングでSIMを差し替えて楽天モバイルのAPN設定を行いましょう。

 

楽天モバイルでSIMフリー端末を購入された方は
APN設定済みとなっているのでSIMを挿すだけですぐに利用が可能となっています。

 

 

お手持ちの端末を利用する場合はAPN設定が必要となります。
iPhoneを利用される方はwifiでのネット接続が必要となります。

 

 

楽天モバイルで即日MNPを利用される際はいきなり端末が圏外となってしまうので
外出の予定などがある場合は注意が必要となります。

 

午前中までにMNPの切り替え手続きを完了されたい方は
前日夜9時台に申し込みしておいた方がよいかもしれませんね。

 

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

 

トップへもどる

SIM到着後のAPN設定の方法【画像付き】

 

 

楽天モバイルのSIMカードが到着したら
利用したい端末にSIMを挿してAPN設定を行いましょう。

 

楽天モバイルの情報を登録するAPN設定は
iPhoneとandroid端末では設定方法が異なります。

 

iPhoneとandroid端末に分けてAPN設定の方法をご紹介します。

 

 

iPhoneのAPN設定方法

 

iPhoneのAPN設定はwifiでのネット接続が必要となります。

 

まずは楽天モバイルのマイページ(メンバーズステーション)にログインして
お客様情報から申し込み種別を確認しましょう。

 

申し込み種別を確認

 

 

申し込み種別が確認できたら種別ごとに
URLにアクセスしてプロファイルをインストールしましょう。
プロファイルインストールはURLアクセス後に自動起動します。

 

■ 006,007の方プロファイルURL:
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig

 

■ 008,009の方プロファイルURL:
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig

 

プロファイルインストール後はwifi接続を切って
インターネットに接続できていればiPhoneでのAPN設定は終了です。

 

 

 

android端末のAPN設定方法

 

続いてアンドロイド端末のAPN設定方法をご紹介します。

 

 

アンドロイド端末のホームから設定を選択します。

 

ホームから設定を選択

 

 

その他を選択

 

その他を選択

 

 

モバイルネットワークを選択

 

モバイルネットワークを選択

 

 

アクセスポイント名を選択

 

アクセスポイント名を選択

 

 

 

メニューを選択

 

mineoのお得な申し込みはこちら

 

 

 

新しいAPNを選択

 

新しいAPNを選択

 


APNを下記の通り設定して入力し保存します。
※APNの情報は申し込み冊子にも記載してあります。

 

APN名
rmobile.co

 

ユーザー名
rm

 

パスワード
0000

 

認証方法
PAPまたはCHAP

 

以下は必要に応じて設定してください

 

接続方法(PDP Type)
IP接続

 

MCC
440

 

MNC
10

 

保存したAPN名を選択

 

保存したAPN名を選択

 

 

 

データ通信を有効にするにチェックを入れてAPNの設定は完了です。

 

データ通信を有効

 

 

 

データ通信を有効にするにチェックを入れた後、データ通信が可能となったら
MNPを利用した申し込みと利用初期設定はすべて終了となります。

 

新しい端末を利用される方はGmailアドレスなどを登録して
アドレス帳データを復元してくださいね。

 

お疲れ様でした!

 

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

 

 

楽天モバイルのメリット!SIMフリー端末をお得に購入!

 

SIMフリー端末をお得に購入!

 

 

MNPを利用した楽天モバイル申し込みのメリット
端末割引キャンペーンを最大割引で利用できる事です。

 

 

楽天モバイルではSIMフリー端末とdocomoブランド端末が利用できます。

 

 

すでに端末をお持ちの方でもキャンペーンを利用する事でアマゾンで2万円以上の端末が
数千円で購入できるのでかなりお薦めとなります。

 

お財布ケータイが必要なら富士通が販売する格安スマホのarrowsシリーズがおすすめです。
最新はM03となりますが利用感はM02でもあまり変わりません。

 

利用感はM02

 

 

スペックにこだわるなら4万円程度の端末がおすすめとなります。
ハイスペック端末は1万円引きで購入できます。

 

おすすめはZenfone3となります。

 

Zenfone3

 

Zenfone3は2.0GHzのCPUが8個搭載されたオクタコア採用で
3GBのメインメモリとなります。

 

ミドルクラスのお値段でかなりのハイスペックとなります。

 

また2枚のSIMが同時に待ち受け可能となるデュアルSIM対応端末ですので
本来なら大手キャリアガラケー最安値プランと
2台持ちとなってしまう状況でもZenfone3なら1台で済みます。

 

 

楽天モバイルの機種割引キャンペーンでは
1000円以下でも端末を購入する事ができます。

 

1000円以下の端末でおすすめZenfoneGOとなります。

 

ZenfoneGO

 

スペック的にはarrowsより少し上といった程度で
おサイフケータイ機能が付いていません。

 

1000円以下で購入できますがアマゾンなどでは1万円以上で
購入できる端末ですのでバックアップ用の1台に最適のSIMフリー端末となっていますよ。

 

またソフトバンクブランドのiPhone6以前の端末をお持ちの場合は
ZenfoneGOなどの端末にテザリングで利用するのもおすすめです。

 

 

ZenfoneGOでテザリングと通話機能を利用し
日常のデータ通信でソフトバンクブランドのiPhone6を利用すれば
2台持ちとなってしまいますがソフトバンクブランドのiPhoneを利用する事ができます。

 

 

私もこの方法でarrowsM02とiPhone5sを利用していますが
なかなか快適に利用できるのでおすすめですよ。

 

 

楽天モバイルトップページ

 

 

トップへもどる

楽天モバイルMNP利用時のまとめ

 

mineoのお得な申し込みはこちら

 

 

楽天モバイルへMNPを利用した申し込みをするのは
携帯電話料金の大幅な節約にとても効果的となっています。

 

 

楽天モバイルではデータシェアや
3.1GBから30GBまでの選べるデータ通信量がとてもたくさん用意されています。

 

またSIMフリー端末がお得に購入できるのも
大きなメリットの一つとなっています。

 

楽天モバイルはSIMフリー端末がとてもお得に購入できる事で
2017年での格安SIM利用者数で1位となるほど人気の格安SIMサービスとなっています。

 

2017年3月より楽天モバイルの最大のデメリットであった
3日間のデータ通信上限が完全撤廃されとても使いやすい格安SIMサービスとなりました。

 

3日間のデータ通信上限
※デメリットの3日間通信上限が完全廃止となった

 

 

楽天モバイルは通信速度も優秀で日常使いも使いやすく
即日でのMNP転入も可能なとても優れた格安SIMキャリアとなっていますよ。
MNPで楽天モバイルを検討されている方はお早めに楽天モバイルを利用してくださいね。

 

年間で5万円以上もお得となるので
楽天モバイルを利用するなら早い方がお得ですよ!

 

 

 

楽天モバイルトップページ