楽天モバイルのデメリットと解消方法!お得な端末はどこ?新プランはありなの?

格安SIMの支払い方法はクレジットカードのみですか?

 

 

 

大手キャリアでは月額料金の支払い方法に
コンビニ払いやクレジットカード、口座振替が可能となっています。

 

しかし格安SIMの月額料金の支払い方法は
ほとんどの格安SIMキャリアでクレジットカードのみとなっています。

 

 

口座振替やデビットカードでお支払いできる格安SIMキャリアはあるでしょうか。
またプリペイド式の格安SIMはどうでしょうか。

 

格安SIMのお支払い方法についてご紹介させて頂きます。

 

 

格安SIMキャリアで口座振替に対応しているキャリアはどこ?

格安SIMキャリアで口座振替に対応しているキャリアはどこ?

 

格安SIMの月額料金の支払い方法はクレジットカードが主流となっています。

 

 

ただ数ある格安SIMキャリアの中にはクレジットカードだけでなく
口座振替にも対応しているキャリアがあります。

 

 

それが楽天モバイルとOCNモバイルONEです。

 

 

特に楽天モバイルは申し込み時に口座振替の選択部分があるなど
とても口座振替が利用しやすい格安SIMキャリアとなっています。

 

 

OCNモバイルONEでは申し込みの前にカスタマーサービスに
電話連絡を入れて口座振替の利用を申し込まなければなならず
多少の手間となっています。

 

 

楽天モバイルでは口座振替以外にもデビットカードでの
支払いも可能であると公式サイトに明記され他社よりも支払い方法と言う点では
かなり利用ししやすい格安SIMキャリアとなっています。

 

 

ひとつ楽天モバイルの口座振替利用で注意点を上げるとすれば
毎月100円の口座振替の利用手数料がかかる事です。

 

 

格安SIMへ変更して毎月何千円も節約を考えている方は
100円程度は小さい金額だと思いますが一応手数料がかかる事を
覚えておいてくださいね。

 

 

プリペイド式の格安SIMってなんだ?

 

 

クレジットカードを利用しない格安SIMの利用方法では
格安SIMキャリアが提供するプリペイド式のSIMが挙げられます。

 

 

このプリペイド式SIMは格安SIMのキャリアショップや
大手家電量販店で販売されていて前払い式のSIMカードとなっています。

 

 

ただ利用対象者が主に海外からの旅行者である事から
利用料金がとても高い事がデメリットとなっています。

 

プリペイド式の格安SIMのデメリット

  • 利用料金がとても高くて日常使いには向いていない

 

 

プリペイド式のSIMカードはキャリアによってお値段が変わり
1GBで2980円から3980円となっています。

 

格安SIMキャリアではデータ通信SIMの3GBで1000円となっているので
お値段設定は通常の9倍となっています。

 

 

それとは逆にプリペイド式SIMは海外で使用できるものも販売され
日本から海外へ旅行される予定の方はとても便利となっています。

 

 

海外用のプリペイド式格安SIMは1GB/9800円となっていますが
海外でお手持ちのスマートフォンと日本の格安SIMキャリアが利用できるので
とても安心できる事がメリットとなっています。

 

 

プリペイド式の格安SIMは旅行者専用となっているので
クレジットカードは必要ではないですがコスパ的には厳しい価格設定となっていますよ。